50代から始めるダイエット│健康食材を取り入れて代謝アップ

体重計を持つウーマン
お腹

簡単に痩せる方法

楽に痩せる方法をご紹介します。楽に痩せるためにはさまざまな工夫が必要です。ポイントをしっかり押さえたダイエットを取り入れることで痩せやすい身体を作ります。ダイエットの効果には個人差がありますが、やりやすい方法のひとつとして週末断食をご紹介しますのでやり方をチェックしましょう。

酵素

必要なもの

酵素は生命活動において重要な役割をもっています。代謝や消化を助けてくれるものです。酵素は美容と健康に欠かせないものです。酵素ダイエットをする場合は体調を考えて無理をしないように、理解したうえで行いましょう。

サプリ

人気のダイエット方法

様々なダイエットに挫折している人におすすめなのが、ダイエットサプリです。ダイエットサプリには様々な種類があり、飲むことで代謝を促し、痩せやすい体を作り上げることが出来ます。そうすることで、カロリーをきちんと消費出来、簡単に痩せることが出来ます。

体型にあった痩せる手段

女性

50代でもキレイな体型はキープしたいという人が多いため、健康美を意識したダイエットは注目されています。洋梨体型の女性が多く、骨盤を意識して身体を活性化させる一工夫によって、便秘やむくみ、脂肪が蓄積されにくい身体に繋げることができます。夜に骨盤を開く体操を取り入れ、朝に閉じる体操を取り入れるだけの手軽さですが、体操だけではなく、食べる行動や食事内容にも気をつけることで痩せにくい50代のダイエットに効果が期待できます。例えば、眠る直前に牛乳や豆乳を飲むことでむくみやすく、水やお茶などの健康茶は利尿に繋がるために寝る一時間前までに摂取しましょう。また、野菜サラダなどは十分に噛むことで満腹中枢が働くものの、代謝が鈍い年代では身体を冷やすために温野菜が適しています。繊維を摂りたい場合、根菜類は適していますが、脂肪を落としたい場合には糖質が少ない野菜を取り入れるなど、目的に合わせた食材選びも必要です。

50代では代謝が低下することでダイエットしても痩せにくく、また消化酵素の働きも鈍く、健康的な食事を摂取していても体重が増加しやすい特徴が挙げられています。特に女性の場合には体型にも変化があり、出産によって骨盤が下がり、下半身太りを引き起こす洋梨体型の女性が多いのも特徴的です。50代は閉経を迎える時期とも重なるため、ホルモンバランスの乱れがダイエットの成果を妨げやすいため、骨盤の開閉が新陳代謝を高めて痩せやすい身体に導きます。また50代では眠りの質も悪く、骨盤を開く体操によって眠りの質が向上し、下半身のむくみなども軽減できます。また健康美を意識し、腸内環境にも良い乳脂肪を摂取しやすいものの、血液が汚れたり肥満の原因にもなりやすく、便秘解消には生野菜を摂取する方が繊維を確実に取り込めます。